病的肥満と減量手術+糖尿病の外科治療

アスタリスク 人生の道標

肥満手術・減量手術の学術雑誌

減量手術学術論文の解説

2008年
LinkIcon手術(腹腔鏡下胃バンディング術)が内科治療よりも糖尿病を治せる質の高い研究結果が示されされた・・オーストラリアからAjustable Gastric Banding and Conventional Therapy for Type 2 Diabetes.A Randamized Controll Trial(RCT).
2007年
LinkIcon胃バイパス術後の長期生命予後が著明に改善すること、糖尿病、心臓病、ガンでの死亡率が低下した・・Long-Term Mortality after Gastric Bypass Surgery.
LinkIcon減量手術が高度肥満症において長期の体重減少を維持できること、死亡率を低下させることが証明されたEffects of Bariatric Surgery on Mortality in Swedish Obese Subjucts
2005年
LinkIcon肥満症に対する薬物療法と手術療法(減量手術)のガイドラインがアメリカ内科学会から報告された・・薬物療法の効果は・・Pharmacologic and Surgical Managemant of Obesity in Primary Care:A Clinical Practice Guideline From the American College of Physicians.
2004年
LinkIcon病的肥満に対する減量手術は長期の死亡率、合併症率、医療費を低下させる・・Surgery Decreases long-term mortality ,morbidity,and health care use in mobidly obese patients